高野山の紹介

高野山の紹介

高野山は、およそ1200年前に、弘法大師によって開かれた、真言密教の修行道場であり、全国に広がる高野山真言宗の総本山です。標高およそ900m。 山の上の盆地に、壇上伽藍と称する聖地があります。そこには、さまざまなお堂や塔が立ち並び、 仏像や曼陀羅が参拝者を迎えます。 また、うっそうと杉の樹の茂る奥の院には、太閤秀吉から太平洋戦争の英霊まで、さまざまな人々のお墓が立ち並んでいます

総本山金剛峰寺イメージ平成16年7月7日に高野山は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されました。高野山には、今も大勢の信者や、四国八十八カ所の霊場を巡ったお遍路さんたちをはじめ世界から大勢の人々が、参詣に来られます。いつの日も、御仏の慈悲の心をこめて、訪ねる人々をやさしく迎える聖地、それが高野山なのです。

麩善からたどる高野山の歴史

麩善からたどる高野山の歴史

総本山金剛峰寺イメージ

総本山金剛峰寺

高野山の総本山は金剛峯寺(こんごうぶじ)です。現在は、豊臣秀吉公とゆかりのある建物を金剛峯寺と呼んでおりますが、元来一山の総称であり、諸堂や大門、奥の院など高野山全体が金剛峯寺の境内ということになります。

根元大塔

高野山壇上伽藍にあり、高さ約50mの5間4面の多宝塔で真言密教の根本理念を表す。弘法大師が着手し、2代座主の真然大徳[しんねんだいとく]のときに完成。1843年(天保14)に焼失し、以後再建されずにいたが、1937年(昭和12)に再建。内部は大日如来の本尊を中心に東西南北に金剛界四仏を置き、周囲の柱に十六大菩薩を配し、曼陀羅を立体的に表している。

金堂

本尊は弘仁時代の傑作であった秘仏薬師如来像(阿シュク如来)であったと伝えられています。ところが、残念ながら昭和元年(1926)12月26日未明、本尊諸仏共に焼失してしまいました。現在の金堂は、昭和3年(1928)に起工し、昭和7年(1932)に完成しました。様式的には木造仕上げの純日本建築ですが、耐震耐火を考慮し、鉄骨鉄筋コンクリート構造で建てられています。



高野山のお土産は麩善のお麩トップページ生麩のまんじゅう 笹巻あんぷ高野山の麩善の生麩
高野山の紹介お店の紹介お麩を使った料理ショッピングカートお問い合わせ
プライバシーポリシーサイトマップ